投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

会話に注目が集まるIT業界[今週の気になったニュース][ラジオ元ネタ2018.2.20]

今回もラジオで話したニュースの元ネタなどをいくつか紹介。これまでニュース記事のタイトルとリンクを貼ってつけていたが、今回からはタイトルではなくてリンクと内容に関する説明を行うことにした(基本的に順不同)。
①ZOZOTOWNのおまかせ定期便が開始 https://bouncy.news/9395 ・アマゾンも同様のことを考えているが、zozoスーツのメリットがあるので、zozoで買えば買うほど自分の好みやサイズに関しても知識が増えるという意味で、このサービスがかなり大きいと思われる。
②ポルシェが旧式の車の部品を3Dプリンターで提供して作成して供給すると発表 http://gigazine.net/news/20180214-porsche-3d-printing/ ・古い家電や車など、小さなパーツは再び作るのが難しい。その、3Dプリンターであれば大量生産のための設備もいらない。3Dプリンターのメリットはこういうところにある。  ポルシェのような車だけでなく、多くの様々な小さい部品ができれば良いな。とはいえ3Dプリンターで銃を作るといった動きも昔からあるので、3Dプリンターでできることできないこと、あるいは「できてしまうこと」に関しての問題点について議論しなくちゃいけないでしょう。
③番組でも何度も漫画の海賊版の話をしてきたが、どうやら漫画、特にコミックスの売り上げが大幅に落ち込んでいるということが明確になってきた。そこで漫画家協会は海賊版サイトを非難する生命を発表している。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/13/news090.html http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/16/news061.html ・僕のような人文書等をメインとする書き手にとっては、コミックの売り上げが落ちれば ただでさえ売れない人文書に資金が回ってこなくなる可能性もある。その意味で、漫画の落ち込みは僕にとってもかなり問題なのだ。  音楽も十数年前同じようにCDの海賊版が流行った。そこで音楽業界は、10年ほど前からSpotifyのようなサブスクリプションサービスに移行した経緯がある。漫画ももしかしたらコミックを買うという形から、定額を支払って読み放題サービスのような形になるのかもしれない。あるいはそのような方…

ラジオ原稿元ネタ2018.2.13

顔認証メガネで旅行者をスキャン —— 中国、すでに7人を駅で逮捕(ビジネス・インサイダー)
こちらもhttps://media.dglab.com/2018/02/09-afp-02-2/  中国の顔認識技術はすごいもので、監視カメラもいたるところにある。 おそらく東南アジア等への輸出が目的。
Twitter、ついに初の黒字に(ITメディア)
「QRコード」付きバレンタインチョコ出現か(ヤフーニュース個人) ・バレンタインはネタとしても、ビジネスの可能性が広がったのは間違いない。詳しくは放送きいてね。 https://www.tbsradio.jp/dc/
台湾の地震を受けた寄付金デマ 本人は誤り認め、謝罪「インターネットの怖さを痛感した」(バズフィード) ・デマ、いくない。私刑、いくない(デマ拡散者が実際にどのような人物であれ。それは法が裁くから)
エストニアの「データ大使館」構想 国とは領土ではなくデータ(DC LAB HAUS) ・エストニアについては本も出て読んだ。 https://www.amazon.co.jp/dp/B01AXRCDZ4
元うたのお兄さんの「あたしおかあさんだから」が炎上するワケ(ヤフーニュース個人)
■番外編 ・21世紀最大のビジネスチャンス「ヘルスケア」に挑むAmazonの可能性(ニューズウィーク) →個人的にすごく興味深かった

インテルのARグラスは眼鏡と見分けつかず 超小型で網膜投影(moguraVR)
学生ベンチャー育てる「N高起業部」 堀江貴文氏ら、入部審査で学生に酷評(ITメディア) これからがんばっていただきたい。
今週はそんな感じ。

[荒川強啓デイ・キャッチ!]ラジオ元ネタ(2018.2.06)

荒川強啓デイ・キャッチ!』。リンク先で音声きけます。
今週の元ネタ

①末期患者の「余命」を予測する人工知能、スタンフォード大学が開発(WIRED)
・こちらも
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180129-00010007-newsweek-int
原論文はこちら
https://arxiv.org/abs/1711.06402

 すべてが計算できる「ラプラスの悪魔」にも連なる問題だけど、放送で話したように、個人的には技術によって、わざわざ選択しなくてはいけないものが増えてしまったということが問題。
 単に技術がない時代は、余命がわからない。だが知らないことを選択するという事は、「余命がわかるのに知らない」という選択をすること。これは端的に知ることや選択肢が増えることを喜べばいいわけではなく、知ることもできるのに知らないを選択するという意味で、心理的リスクを負う判断が増えたということ。その意味で選択肢の増加は人間を幸福にするだけじゃない。
技術哲学では、オランダの哲学者フェルベールが書いた『技術の道徳化』という本にも、こうした問題が最初に描かれている。非常に面白いのでオススメ。

「日本eスポーツ連合」設立 国内団体を統合 プロゲーマーの条件は(ITmedia)
・以下も参考
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/01/news142.html
https://news.yahoo.co.jp/byline/takashikiso/20171215-00079312/
・番組ではあまり扱わなかったけど、組織の設立については批判も結構多かったりする。そういう意味で業界内ではかなり議論されている問題。個人的には今後もウォッチしたい問題。

米IT大手3社
アップル・アマゾン・グーグル、好調 10~12月(毎日新聞)・詳しい記事はたくさんでてくる。いくつかリンク貼っておく。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26401370R00C18A2000000/
http://gigazine.net/news/20180202-amazon-q4-2017/
https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20180202-000…